知らないうちに結婚式代金に入っている引き出物関連の費用を節約する

結婚式で費用のかかるものの一つが引き出物です。

 

しかしこれはご祝儀を包んでまで駆けつけて来てくれたゲストに、新郎新婦が心からの感謝をあらわすものです。

 

引かないわけにはいきませんし、引き出物をケチることもできませんし、また結婚式のプロとしても費用を節約することをお勧めしません。

 

引き出物の平均の金額は、1人3千円~5千円位。

 

引き菓子の相場は、千円前後です。

 

またこの引き出物の他にも、知らないうちに、紙袋の代金がかかっていたりします。

 

紙袋の代金は500円と意外なほど高額な請求がされていて、結婚式費用明細を見るとビックリしてしまいます。

 

たかが紙袋が500円もするものなのか…?と思った方も少なくないのではないでしょうか。

 

 

持ち込みの引き出物で費用節約する

オリジナルの引き出物を持ち込みして費用節約

オリジナルの引き出物を
持ち込みして費用節約

これらの不満を一気に解決する方法として、引き出物を外部から持ち込む節約法があります。

 

しかし、多くの結婚式を行う会場で、引き出物を持ち込むには持ち込み料がかかります。

 

自分の結婚式で、自分のお客様に引き出物を渡すのに、会場使用料をきちっと支払っている会場に、持ち込み料を支払わなければならないのは、少々納得のいかないものですよね。

 

しかし、これは我々結婚式会場側から言わせれば引き出物の保管料です。

 

もし挙式当日に引き出物の数が合わなかったり、間違って配布してしまったりということが無いように、しっかりと保管していただくわけですから、有料となってしまうのは仕方がないことです。

 

ただ数は多くありませんが、契約した業者から引き出物を購入し持ち込む場合、保管料をゼロに、または割安にする結婚式場もあります。

 

保管料の費用を節約したいならば、こちらの「お勧めの結婚式費用節約サービス」に登録し、説明会などで確認、または紹介を受けると良いでしょう。

 

保管料をゼロにしてもらうのではなく値引いてもらう

結婚式場側が、持ち込みの引き出物に保管料を必要とする理由はお分かりになったと思いますが、新郎新婦から預かった大切な引き出物に万が一のことがないように、式場側も大切に保管をしますので、その手数料をゼロにしろ、タダにしてくれと言うのは、少々無理があります。

 

でも金額に納得がいかないならば、ゼロではなく、値引いてもらうようにお願いをしてみるのも手です。

 

タダにするとなると式場側の立場もなくなりますが、例えば100円でも値引いてもらえませんか?とお願いをすれば、節約になりますし、相手の立場も保てます。

 

率直に言いまして、その結婚式の規模、人数、全体の金額によって式場側の対応は決まりますが、ダメもとで頼んでみましょう。

 

知らないうちに費用に入っていて省くことも可能な事を知ろう!

引き出物の保管料は、だいたい引き出物一つに対して500円前後です。

 

ですから紙袋代金のことを考えれば、安い買い物となるかも知れません。

 

紙袋は指定のものでなければだめだと言う所でも、ホテルの3000円程度の引き出物が、ネットでは2200円位で購入することができるので500円を支払っても300円の得になります。

 

同じものを購入したのに、単純に50人のゲストがいたとしても15,000円の節約になります。

 

こういう知らないうちに費用に入っていて省くことも可能な事の積み重ねで結婚費用を抑えて行きましょう。

 

他にも結婚式の最後にゲストに手渡しするプチギフトなども、ネットで格安に購入することができます。

 

引き出物の費用節約情報

引き出物をお値打ちに販売しているインターネットの人気サービスをご紹介します。お値打ちで引き出物が購入できる以外にも、品揃えが豊富、さまざまなサービスがあるというメリットがあります。

 

アンティナ ギフトスタジオ
ブランドカタログ、日本の職人の雑貨を集めたメイドインジャパンなど、コンセプトカタログで人気を誇るギフトショップ。 選べる包装紙、リボン・メッセージカード無料など5つのサービス。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ