牧師である新郎の父が式を執り行った本物のキリスト教式結婚式

教会結婚式の友人

教会結婚式の
友人

日本でも結婚式と言えば、挙式の様式としてチャペルウェディングが定番となっています。

 

でも多くのチャペルウェディングは、結婚式場が建てたチャペルで挙式をしますので、厳密な意味でのキリスト教の教会での結婚式とは言えないかも知れません。

 

私は、実際のキリスト教信者の結婚式、披露宴に出席した事がありました。

 

 

式を執り行ったのは牧師である新郎の父

新郎である友人はクリスチャンで、お父さんの後を継いで牧師となり実家の教会を任されていました

 

新婦もやはり同じクリスチャンで、共に信心深い夫婦でした。

 

実際の結婚式の様子は、新郎新婦がお色直しの為に席を離れた際流されていた映像で見たのですが、儀式を執り行っていたのは、新郎のお父さんでした。

 

これまで何度か出席した事のある「チャペル様式」の挙式では見たことのない儀式も行われていました。

 

演出ではない、本物のキリスト教式の荘厳な雰囲気を感じました。

 

一般的なものと少し雰囲気の違う披露宴

本物のキリスト教式結婚式

本物のキリスト教式
結婚式

会場は一般的な定番の結婚式場だったのですが、結婚式披露宴はノンアルコールが基本となっていました。

 

決して結婚式の費用を節約するという目的ではなく、あくまでも宗教上のものです。

 

頼めばビールやワインを出してもらえるのですが、これまで出席した事のある結婚式とは違うと、少し驚きました。

 

これもキリスト教徒同士の結婚式ならではという事だったのかもしれません。

 

そして、お祝いのスピーチやコメントの際には、頻繁に神様…イエス・キリストに対する感謝の言葉が述べられていました。

 

私はもちろん、同じテーブルにいた大学の同期の友人もキリスト教の信者ではありません。

 

ですので、当たり前のように神に感謝する言葉が溢れる雰囲気に、少し圧倒される気持ちもありました。

 

最後に、新郎のお母さんが焼かれたパンが列席者全員に振る舞われました。

 

純粋な信仰心の篤さ、そして教えを守る人々のあたたかさを感じた式でした。

 

当サイト管理人のコメント

当サイト管理人のコメント

教会のチャペルを建物の施設として持っている結婚式場は珍しくありませんが、このような本物のキリスト教の結婚式には私も出席した経験はありません。

 

想像するだけで素晴らしい荘厳な結婚式で、このような場合は費用とか演出とか関係なく、式そのものが感動ものの結婚式であるといえるでしょう。

 

神前結婚式に招かれた外国人ゲストの方が、日本の古来の花嫁姿、つまり白無垢の衣装に文金高島田の髪型の花嫁を見て感嘆されるように、私たちキリスト教信者でない者は本物のキリスト教式ウェディングに感動を覚えるのでしょう。

 

私もいつか出席させて頂きたいものです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ