友人にカメラマンを依頼し結婚式雑誌の写真で撮影イメージを伝える

写真は、一生に一度の結婚式の感動的な数時間を記録として残せるもので、結婚式でも、こだわりたいものの一つですよね。

 

ですから他のアイテムや演出は省いても、写真撮影は節約せず、お金をかけるというカップルも増えています。

 

ここでいくつかの、結婚式の写真撮影で得するコツを紹介いたします。

 

 

ネガを渡してもらうようにする

写真撮影をお願いして費用節約

写真撮影をお願い
して費用節約

結婚式場側の専属カメラマンに写真撮影をお願いするにあたって、ネガをくれるのかどうかを確認しましょう。

 

ネガさえあえれば、後々も自分たちで気に入ったものを焼き増ししたりできますし、アルバムを自分たちで手作りしたりできます。

 

今は画像をデジタル化してCDに焼いてくれるというサービスをしくれる所もあるので、ネガやデジタルデータをゲットできるかできないかは重要なポイントとなります。

 

結婚式場でもアルバムをお願いすることは可能ですが、アルバム制作費で10万以上かかることも多く、一冊増やすと1万円請求されるので安い買い物ではなくなってしまいます。

 

写真撮影をカメラ好きな友達にお願いして安く済ませよう!

また、デジタルデータやネガを貰えないという場合は、いっそのことカメラマンを友人にお願いしてしまうというのはどうでしょうか。

 

カメラ好きの人って結構たくさんいるのものです。

 

晴れの舞台の結婚式です、喜んで引き受け手いただけたりするので聞いてみて下さい。

 

しかしここで注意したいのは、お願いする人にある程度のお礼はして下さい。

 

カメラ撮影をしているとなかなか食事をとることもできないし、結構責任も大きいので、いただいたご祝儀程度のお礼は節約せず、最低限でも必要となります。

 

友人にカメラマンをお願いする際は一目でカメラマンとわかるように工夫を

また多くのゲストがスマホを持って結婚式に参加され、多くの人が自分のスマホで、それぞれ写真を撮影されます。

 

式場の専属カメラマンの場合、披露宴の最初に「この人がカメラマンですので、お近くに行った際は撮影にご協力をお願いします。」と紹介されるので、カメラマンの邪魔にならないように、ゲストの方も配慮してくれますが、友人にカメラマンをお願いした場合も、同じようにゲストの皆さんに友人カメラマンを紹介をするように司会者に依頼しておきましょう。

 

友人カメラマンも、帽子に「カメラマン」と書いた札を付ける、腕章を付けるなどして、一目でカメラマンと分かるようにしておきます。

 

新郎新婦が各テーブルに来て挨拶をする際などがシャッターチャンスですが、テーブルのゲストが各自スマホを取り出して写真を撮り始めると、カメラマンがシャッターチャンスを逃すこともあります。

 

ゲストの全員に友人カメラマンを紹介し、一目で分かるようにしておきましょう。

 

希望の撮影イメージを伝えておく

しかし素人は素人なので、気の利いた写真を期待しても実際はあっまり良いものができあがって来ないということもありますので、できれば撮影して欲しいイメージを結婚雑誌などを渡してお願いしておくといいでしょう。

 

事前にカメラマンの持ち込みが可能でなくても、招待客であれば結婚式場は文句は言えません。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ