新郎と新婦が籍を入れて結婚する際、最も多額の費用が必要となるのは挙式費用ですが、新婚生活をスタートさせるには挙式費用以外にも色々なお金が必要となります。中でも新婚旅行、結納、生命保険など、決して安くない出費があります。

 

挙式費用と同じで、どれほどの費用を掛けるか、お金を使うか、節約するかは個人個人の考えによりけりですが、最も重要なことは新郎新婦の考えが一致していること、そして両家の親の理解と納得です。結婚というイベントは2人だけのものではありません。

結婚全体の費用節約術 記事一覧

結婚式のマリッジリングの一般的な金額は約10万円から20万円です。これはペアリングの値段です。もしイニシャル等を刻印してもらうとしたら、別途費用が必要となる場合がありますので、最初に確認しておくと良いでしょう。マリッジリング購入費用は話し合いで手作り指輪で想い出と費用削減マリッジリングの購入費用は、男女のどちらが持つものなのでしょうか?エンゲージリングは男性が女性へ求婚するために購入するものなので...

結婚したカップルが初めて二人だけで楽しむことができるのが、新婚旅行ですよね。結婚式では会社関係や相手の家族や友人に気を遣って、単純に楽しむことができないものですが、新婚旅行となると存分に自由に二人だけの時間を楽しむことができます。ではこの新婚旅行って、どれくらいの金額がかかるものなんでしょうか。だいたい平均金額が55万円だと言われています。これには、お土産代などもろもろを含めた金額が入っていますが...

前ページの新婚旅行の費用節約にも関連しますが、海外旅行を新婚旅行で計画しているお二人にお勧めなのが、無料のクレジットカードと、それに付帯する海外旅行保険です。意外と知られていないクレジットカードの保証金額限度無料のカードもお勧め結婚をテーマにした当サイトには、少々ふさわしくない言葉ですが、クレジットカードに付いている機能の1つに、「死亡・後遺障害保険」があります。クレジットカードを複数お持ちの方は...

まずは結納の説明からとなりますが、結納とは結婚の約束をカタチとして表す儀式で、両親の前で男性が女性に熨斗(のし)や昆布等、結納金などを送ります。女性は、いただいた結納品を結婚式まで自宅に飾り、正式に婚約したことを周囲に知らせます。この結納式は、結婚式の3から6か月前に行うのが一般的です。六曜の大安か先勝か友引に行うのが一般的でしたが、最近では仏滅だけを避けて、後は都合の良い日に行うようになってきま...

結婚するまで婚姻全体にかかる費用は、もちろん結婚式に関係する費用だけではありません。何より二人でスタートする新生活に必要な、もろもろのモノにお金が必要となります。そこでこちらでは、結婚後の新生活に必要なモノを、お値打ちに買えて節約につながるインターネットでのサービスをご紹介します。お値打ちな製品を選び、新婚生活のスタートにかかる費用を賢く上手に節約しましょう。家具新しい新婚生活は、お気に入りの素敵...

結婚を機に生命保険に新しく加入する、または今まで独身時代に入っていた生命保険の保証内容を見直す方が多くなっています。独身と違い、イザという時に大切なパートナーの生活の保障を考えておく事は、とても大切な心掛けと言えるでしょう。結婚を機に生命保険を見直す家族に対する責任の保険結婚をしたら、共にこれから人生を歩んでいくパートナーに対する責任を持たなくてはなりません。人生の大切なパートナー、家族の生活を守...

私がブライダルスタッフとして受ける質問の90パーセントが、「結婚式のご祝儀といえば相場の金額はいくら?」となっています。結婚式を挙げる新郎新婦にとって、結婚式費用が出ていくお金でマイナスであれば、この「ご祝儀」は入ってくるお金でプラスとなります。しかし結婚式の費用を、ご祝儀で賄うという考えは持たないで下さい。ご祝儀はくれぐれも大切にしよう!結婚式のご祝儀は大切にしよう結婚式を挙げる新郎新婦の中で、...

結婚にかかる費用を考えてみると、婚約、挙式、披露宴で多くのお金が必要で、その他でも、新居の準備、新生活で必要な電化製品や家具の準備、新婚旅行の費用、お祝いのお返し、等々…いくら費用を節約しても、お金があっても、とても足りないのではないかと思えてきます。お金をかけようと思えば、いくらでもかけることができる結婚の準備の為の費用ですが、無駄を省きシンプルにすませれば、恐れるほどではありません。といっても...

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ