結納に仲人を立てず略式結納とすれば結婚全体の費用節約に

まずは結納の説明からとなりますが、結納とは結婚の約束をカタチとして表す儀式で、両親の前で男性が女性に熨斗(のし)や昆布等、結納金などを送ります。

 

女性は、いただいた結納品を結婚式まで自宅に飾り、正式に婚約したことを周囲に知らせます。

 

この結納式は、結婚式の3から6か月前に行うのが一般的です。

 

六曜の大安か先勝か友引に行うのが一般的でしたが、最近では仏滅だけを避けて、後は都合の良い日に行うようになってきました。

 

仏滅を避ければいいと言っても、地方によってはタブーとされる日があったりするので、日取りは両親と良く相談して決めて下さい。

 

 

結納式での服装と費用

略式結納で費用削減を

略式結納で
費用削減を

結納式での女性の服装は、明るい色のワンピースや、スーツで上品に装いましょう。

 

決して華美な服装はせずに、上品にすることがポイントです。

 

和装の場合は振り袖か、訪問着を着ましょう。

 

男性は黒のスーツで、ネクタイは白かシルバーかグレイを着用しましょう。

 

結納にかかる費用は、男性側が結納品で10万円から20万円位。

 

結納金が70万円から100万円位。

 

婚約記念品で30万円から50万円程かかると言われています。

 

女性では結納返しが10から20万円。

 

婚約記念品が10から15万円。

 

また結納式を、どこか会場を借りて行う場合は、会場の費用が別途かかります。

 

会場費の他は、交通費、係り人への心付け・仲人を立てた場合の費用なども別途必要となります。

 

結納の費用負担

これら結納の費用は双方で負担するのが一般的です。

 

自宅で行う場合は、迎える側が費用を負担します。

 

自宅で行う場合の結納品は、結納品を持参することになります。

 

結納品には関東式と関西式があり、関東式は双方が同じものを用意しますが、最近では、関西式のように女性側が省略することがあります。

 

関東式は1つの台にすべての結納品を載せますが、関西式の結納は飾りが豪華なので1品ずつを台に載せます。

 

結納の費用を節約するには仲人を立てないのがベスト!

結納に関わる費用を節約したいのであれば、仲人を立てないことです。

 

特に仲人を立てなければいけないというわけじゃありませんので、仲人を立てずに結納することで費用が、その分節約出来ます。

 

仲人を立てた結納の場合、仲人に対する謝礼で最低でも「ご祝儀・お車代・手土産」という費用が必要で、さらには「酒肴料・折詰め」が加算される場合もあります。

 

ご祝儀の相場は、結納金の1~2割が目安ですので、この費用だけでも大きな節約になります。

 

近年では、結納という儀式ではなく、両家で「食事会」を設け、一同が顔合わせをするというイベントを行う人が増えています。

 

略式結納を利用して費用を節約しよう!

また略式結納というものもありますので、簡単な結納でいいというのであれば略式結納を利用するといいでしょう。

 

但し、こちらの記事「結婚式だけではなく新生活を含めてお金を考える」にも書きましたが、結婚式の費用、費やすお金は、その後の新しい二人の新婚生活を含め、トータルで考える事も大切です。

 

また結婚式全体を1つの重要な儀式と考えてみえる、昔からの「しきたり」通りに進めるべきと考える方、「しきたり」を重んじる年配の方もみえますし、両家が納得して結婚式を挙げることは非常に大切にしるべきことです。

 

費用を節約すると言っても、仲人を立てなかったことや略式で済ませたことが後々、悔やまれることがないように両家でシッカリと話し合い、確認をするようにして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ