結婚費用は折半を原則として両家の話し合いで事前に取り決めておく

結婚にかかる費用を考えてみると、婚約、挙式、披露宴で多くのお金が必要で、その他でも、新居の準備、新生活で必要な電化製品や家具の準備、新婚旅行の費用、お祝いのお返し、等々…いくら費用を節約しても、お金があっても、とても足りないのではないかと思えてきます。

 

お金をかけようと思えば、いくらでもかけることができる結婚の準備の為の費用ですが、無駄を省きシンプルにすませれば、恐れるほどではありません。

 

といっても、単純に引越しするのとは訳がちがって、結婚式を終えて新郎新婦が新しい生活をスタートさせるまでに、それぞれのイベントで、それぞれ費用は、それなりにはかかります。

 

そこで、それらにかかる費用を、どちらがそれ位負担すれば良いのかというえば、これはもうそれこそ話し合いが必要となってくるでしょう。

 

自分たちに見合った結婚式を

見合った費用での結婚式を

見合った費用での
結婚式を

一般的には結婚するまでにかかる費用は、新郎新婦の双方で負担することが原則となっています。

 

結婚式の場合でも、折半が後々問題も少ないですし平等です。

 

それぞれの親が資金の援助を申し出てくることもありますが、もしそうだとしても、新郎新婦が自分たちで出来る範囲で負担して、足りない部分のみを負担してもらうのが良いでしょう。

 

披露宴の招待客が新郎新婦で差が大きい時は、人数の相当額を負担すれば問題はないでしょう。

 

結婚費用はホテルの平均が335万円くらい。

 

一般の式場が290万円くらい。

 

レストランが245万円くらいとなっています。

 

それらの情報をたくさん仕入れて、自分たちに見合った式を行いましょう。

 

結婚式の費用を双方で折半してお金の「トラブル」もなくそう!

金額はお互いが平等に負担するということになれば、贅沢しすぎることがありませんし、問題の最も少ないパターンが折半だということを考えれば、後々長い結婚生活をひかえての結婚式でも、決して高い金額ではありません。

 

こちらの「結婚式に対する考えを統一するのが新郎新婦の最初の共同作業」にも書きましたが、結婚式の費用に関してはトラブルが時として起きてしまうものです。

 

もしもお金でトラブルがおきてしまったら…ということを考えたら…ぞっとしませんか。

 

せっかくの結婚式ですから、節約の事ばかりに気を取られず気持ちの良いスタートを切りたいものですよね。

 

気持ち良く折半できるかが夫婦の最初の試金石です

結婚をし新生活をスタートさせる二人には、これからもいろいろな場面で、さまざまなお金が必要となってきます。

 

共稼ぎの夫婦ならもちろん、たとえ女性が専業主婦となる家庭でも、お金に関することは、いつも夫婦で話し合いをして、お互いに理解し納得して問題解決するべきで、それができる関係でい続けることが、良い夫婦の条件の1つです。

 

互いが思いやり、互いを理解し、互いに助け合うことこそが、夫婦というものです。

 

その最初の試金石、つまり「価値を見きわめる試験になるような事」が結婚にかかる費用の折半です。

 

新郎新婦がお互いに同じ考えで結婚の準備を進めることは当然ですが、もしも両家の間で意見や考えが違ったら、新郎新婦が率先して「まとめ」ましょう、折り合いをつけましょう。

 

両家が納得しない結婚式では、いくら節約しても意味がありません。

 

婚姻全体の費用を節約することを考えるのと同時に、両家での折半という基本も抑えておくことが大切ですので、決して二人だけで決めずに、進めるようにして下さいね。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ