最も多く寄せられる質問「結婚式ご祝儀といえば相場はいくら?」

私がブライダルスタッフとして受ける質問の90パーセントが、「結婚式のご祝儀といえば相場の金額はいくら?」となっています。

 

結婚式を挙げる新郎新婦にとって、結婚式費用が出ていくお金でマイナスであれば、この「ご祝儀」は入ってくるお金でプラスとなります。

 

しかし結婚式の費用を、ご祝儀で賄うという考えは持たないで下さい。

 

 

ご祝儀はくれぐれも大切にしよう!

結婚式のご祝儀は大切にしよう

結婚式のご祝儀は
大切にしよう

結婚式を挙げる新郎新婦の中で、挙式費用で少々無理してお金を費やしたとしても、ご祝儀で賄えると考えている人もいます。

 

お金のプラスとマイナス、出ていくお金と入ってくるお金という考え方をするなら、確かにその通りですが、ご祝儀をあてにして結婚式プランを設計してしまうと失敗して痛い目を見ることがあるので、くれぐれも注意してください。

 

基本的に全てのプランを控えめにして、ご祝儀で浮いた分は自分達の新生活、将来のために使うという考え方にした方が賢明です。

 

そもそも、ご祝儀はご祝儀、ゲストからのお祝いの気持ちです、決して結婚の費用を援助するものではありません。

 

ゲストの方から、「自由に使ってイイよ」と言われたとしても、けじめをつけるのが大人です、これから二人で家庭を持つ人間のとるべき態度です。

 

結婚式に招待された側と招待した側の結婚式のご祝儀について

一般的なご祝儀の相場金額は、

  • 友人で2~3万円
  • 上司が部下に渡す場合は5万円
  • 親族で結婚式呼ばれた場合には人数にもよりますが5万円~10万円
  • 夫婦で招待された場合には二人で5万円

と言われています。

 

これはあくまでも相場の金額となりますので、参考程度として下さい。

 

近年のご祝儀相場

ココからは、結婚式を挙げるお二人用の情報というより、ゲストの方向けの情報となりますが、最近の結婚式の費用、特にゲスト1人当たりにかかる費用が上がっていることを考えると、夫婦二人で5万円では、ちょっと申し訳ないかなと悩む人もいるのではないでしょうか。

 

招待客一人当たりの単価は全国平均で4.6万円、首都圏では5万円してしまうのが、近年の結婚式です。

 

だからと言って、親戚でもないのに、夫婦で10万円もつつんだら非常識ですし、なんとも難しいところです。

 

しかし、そんな場合は、ご祝儀は相場で合わせておいて他に結婚のお祝いのプレゼントを送るといのはいかがでしょうか。

 

祝儀袋のグレードについて

またご祝儀を入れる袋は金額に見合ったものをチョイスする必要があります。

 

包む金額で祝儀袋のグレードを変えましょう。

 

中に入れる金額が高ければ高いほど祝儀袋をゴージャスにして下さい。

 

目安は、送る金額の100分の1です。

 

5,000円から10,000円包む場合は、200円から300円の袋。

 

水引は印刷でないものを使用しましょう。

 

10,000円から30,000円の場合は300円から500円の袋。

 

50,000円なら1,000円程度の袋。

 

それ以上なら2,000円以上の豪華な袋を使用しましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ