死亡・後遺障害以外のケガ・病気などの保険金はカード枚数分が合算

前ページの新婚旅行の費用節約にも関連しますが、海外旅行を新婚旅行で計画しているお二人にお勧めなのが、無料のクレジットカードと、それに付帯する海外旅行保険です。

 

 

意外と知られていないクレジットカードの保証金額限度

無料のカードもお勧め

無料のカードもお勧め

結婚をテーマにした当サイトには、少々ふさわしくない言葉ですが、クレジットカードに付いている機能の1つに、「死亡・後遺障害保険」があります。

 

クレジットカードを複数お持ちの方はご存知でしょうが、この死亡・後遺障害保険は複数のクレジットカードを持っている場合、そのカードの中で最も高い保険金額が最高金額が限度として支払われます。

 

最高保証金額が5000万円のカードを2枚持っていても、死亡・後遺障害の際に支払われる最高金額は5000万円であって、決して2枚合わせた金額の1億円ではありません。

 

しかし、それ以外の海外旅行保険では、持っているクレジットカード分の保証金額がカード分だけ足される、加算されるのです。

 

つまり、

  • ケガ・病気の治療費
  • 他の人のものを壊してしまった時
  • 持ち物を盗まれたり壊された時
  • 運搬費用や家族・友人に助けに来てもらう費用

は、それぞれのカード分の保証金額が合計されるのです。

 

ならば1枚よりも2枚、3枚で保険料の節約になりますね。

 

殆どのカードの海外保険は使用条件付き

この便利な海外保険機能ですが、しかし条件があります。

 

海外に出発する前にカードで買い物、支払いをしないと保険が付かないという条件のカードが大多数なのです。

 

以前は、無条件で海外旅行保険が付くクレジットカードも多くあったのですが、近年、殆どのカードには上記のような使用条件が付いています。

 

しかし、少数でも無条件で自動的に海外旅行保険が付く保険料が節約できるクレジットカードもあります。

 

その1つが、エポスカードです。

 

エポスカード

 

エポスカードはマルイはもちろん、世界中のVisaマークのある店で使え、ポイントが貯まる年会費永久無料のカードです。

 

年会費が永久に無料、しかも無条件で海外保険が自動で付くクレジットカードを作ってから、新婚旅行に出かけるべきです。

 

別途で海外保険に入るかどうかは考え方次第

新婚旅行の行先やコースを決めるために旅行代理店に足を運ぶ際、または結婚式場で挙式とパックになった新婚旅行の打ち合わせをする際、必ず「海外旅行保険」に入っておくことを勧められます。

 

しかし、ご紹介のエポスカードを持っていれば、別途に海外旅行保険に入る、お金をかけるのは不要だと私は考えます。

 

ただし、海外旅行保険に別途加入すると、カードに付帯している死亡・後遺障害も保証金額が合算されるというメリットはあります。

 

つまり死亡・後遺障害保険金が、カード1000万円、別途加入した海外旅行保険1000万円ならば、合計の2000万円が保険金として支払われます。

 

保証というモノを、どう考えるか、どこまでの範囲を必要とするか、それは個人個人の判断となりますが、しかしいずれの場合も、年会費無料で無条件で海外保険が付くクレジットカードを持って海外に行くほうが、費用の面でメリットがあることには間違いはありません。

 

出発前に加入されておくことをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ