手作りの結婚指輪は二人の素敵な想い出と費用節約の両得

結婚式のマリッジリングの一般的な金額は約10万円から20万円です。

 

これはペアリングの値段です。

 

もしイニシャル等を刻印してもらうとしたら、別途費用が必要となる場合がありますので、最初に確認しておくと良いでしょう。

 

 

マリッジリング購入費用は話し合いで

手作り指輪で想い出と費用削減

手作り指輪で
想い出と費用削減

マリッジリングの購入費用は、男女のどちらが持つものなのでしょうか?

 

エンゲージリングは男性が女性へ求婚するために購入するものなので、男性が購入することが一般的ですが、マリッジリングは男女が折半するのが普通です。

 

これは終わりのない愛を誓い合うために結婚式で交換するものなので、どちらか一方が負担するものではないという考え方からきています。

 

しかしマリッジリング、エンゲージリングとも男性が全額を支払うケースもあり、どちらがどうとも言えないというのが実際のところです。

 

女性としては全額支払っていただければ嬉しいに違いありませんが、男性の立場になるとどうでしょうか。

 

この辺は、カップルでよく話し合って決定するにこしたことはないでしょう。

 

結婚指輪は二人で納得する費用で

率直に言いまして、結婚全体の費用の中で指輪にかける金額は、新郎新婦の二人さえ満足し納得すれば良いアイテムです。

 

両家を含めて、誰もその金額に関しては興味を持ちませんし、誰も高いとか安いとか思わないものです。

 

指輪に、どれだけ費用をかけるのか、それは新郎新婦が自分たちで勝手に決めればいいのです。

 

若い時は、誰もがお金に不自由をしています、有り余るほどのお金持ちなんて、そうそうはいませんし、それは誰もが知っていることです。

 

よく「婚約・結婚指輪の金額は給料の何倍」とか何十年も昔から耳にしますが、私は時代遅れの言葉で、業者が考えた言葉だと思います。

 

背伸びをして指輪にお金をかけても、二人の新しい生活のスタートに支障をきたしては意味がありません。

 

指輪の費用、金額は二人さえ納得すれば、それで良いということを忘れないで予算を検討しましょう。

 

思い出にも残る「手作り指輪」で結婚指輪の費用を安く抑えよう!

お金の話は日本人の私たちには、なかなかドライになれない難しい話題の一つですが、結婚後も、この手の話はいくらでもでてきます。

 

結婚後に二人で新しい生活を共にスタートするにあたり、最初にお金のことはきちんと話し合っておくべきことなので、マリッジリングの費用を話題にして互いの価値観を少しずつすりあわせて行くのも良いでしょう。

 

結婚後、家計はどちらがやりくりするのか?おこずかい制にするのか?等々この手の話題は尽きる事がありません。

 

話は指輪に戻りますが、もしブランド等にこだわりがないのであれば、彫金教室やジュエリー教室などで手作りしてみるのはいかがでしょうか。

 

とってもステキな思い出になりますし、費用も遥かに安く抑えることが可能で節約が出来ます。

 

またネット通販ですと、中間マージンや店舗費が削減できる分、同じ品質でも費用を抑えた指輪が購入できます。

 

婚約・結婚指輪の費用節約情報

ゼクシィ ブライダルリング
日本最大級の結婚サイト「ゼクシィ」の専門スタッフがプロ目線で指輪選びのサポートしてくれます。ゼクシィのショップ紹介ページから予約が出来て、 実際に試着をしながら自分たちにピッタリの指輪をじっくりと探せます。ブランドの特徴やダイヤモンド品質の説明、試着で合ったデザインが選べて、予算の相談、ギフト券などのプレゼントもあります。

 

マイナビウエディング・ジュエリー
多彩なブランド・セレクトショップの中から、デザインや価格、お近くの店舗など 様々な条件で人気の結婚指輪・婚約指輪を検索できます。 マイナビウエディングでジュエリーショップに来店予約、来店、クチコミ投稿、購入などで、 最大で10万円分のギフト券がもらえるキャンペーンを開催中です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ