豪華な装花と個別カードでゲストはテーブルで感動します

素晴らしい結婚式だった、楽しく感動的な披露宴だったと、主人公である新郎新婦が満足し納得することが、結婚式では最も大切なことですが、しかしゲストの評価も気になるのは当然のことです。

 

いくら費用を節約しても自分達の自己満足で終わってしまい、ゲストから「残念」な挙式と評価されては悲しいですよね…

 

 

色々な場面でゲストの目に入るテーブルの装花

結婚式のイメージを左右する装花

結婚式のイメージを
左右する装花

新郎新婦も含め招待客全員が満足する料理の結婚式場を選ぶ」でもお伝えしていますが、ゲストをもてなす意味で料理などの費用をケチってはイケナイことは最優先に気を付けるべきことですが、ゲストの立場になって見た場合、「費用をケチっていない結婚式だ、披露宴だ」という印象を効果的に与えるアイテムに、テーブルの装花があります。

 

特に女性のゲストは、このテーブル装花を意識しているしていないに限らず、結婚式の評価としてかなり重要視されます。

 

披露宴会場に入り席に付き、まず目に入るテーブルの装花…

 

装花は結婚式のイメージを左右すると言っても過言ではありません。

 

女性のゲストの中には、「お料理に何が出たか、いろいろ出たので全部を覚えていないけど、お花はハッキリと覚えている。」という方が少なからずみえます。

 

ですので装花はお料理と同じ、費用をケチらずに見栄えのする立派なモノを用意することをお勧めします。

 

結婚式、披露宴ではゲストによって多くの写真が撮影されますが、大多数の写真には、このテーブル上の装花が写り込みます

 

その写真に貧相で見栄えのしない装花が写っていると、披露宴の写真全体が貧相な感じとなってしまいます。

 

もちろん見栄えのする装花は費用も高額となりますが、費用対効果という面ではメリットの方が大きいと私は考えていますし、実際に私がお世話したカップルの方からも、お勧めに従って正解でしたと感謝の言葉を多く頂戴しています。

 

費用をかけただけの効果はあったと、嬉しいお言葉を頂いています。

 

テーブルでゲストに感動して頂く

また「席次表:結婚式前のちょっとした気の利いた演出と一工夫」で席次表の演出をお伝えしましたが、もし挙式までに時間の余裕があるならば、全てのゲストに対して1つ1つ個別の席カードを用意するのもテーブルでの演出として効果バツグンでゲストから高く評価されます。

 

親族親戚の方、友人知人、全ての方々との個別の想い出などと、お礼の一言をメッセージを書いておけば、披露宴が始まる前からゲストは感動をします。

  • ○○のことは忘れられない私の大切な想い出です
  • ○○が楽しかったことは私の生涯の良い想い出です

と、「その人」にしか分からないようなエピソードを書き、最期に「今日はありがとうございます。これからも宜しくお願いします。」と書けば、そのメッセージを読んだ方は、結婚後も貴方を応援してくれるサポーターになってくれるでしょう。

 

そのゲストの前には立派で綺麗な装花、そして運ばれてくる美味しい料理、間違いなく「素晴らしい結婚式だった」と言って頂ける筈です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ