結婚式費用節約 - お金がない状態だから贅沢をせず節約生活をするのは当然

お金がない状態の結婚だから贅沢をせず節約するのは当然

私たち夫婦はお金がない状態で新婚生活をスタートさせました。私の実家は自営業で他の家庭よりは裕福ですので金銭的援助を頼むことはできますが、夫婦の意見は一致していて“自分たちの力で生活していく”というものでした。

お金がなくても知恵を出して工夫すれば問題なく生活できる

私たち夫婦は、お金のない状態であらゆる費用を節約しようと結婚生活をスタートさせました。

 

お金がないと言っても、私の両親は自営業で普通の家庭ですので援助を受けようと思えば可能ですし、父も娘のために喜んでお金の援助をすると思いますが、私たち夫婦で資金援助は受けないことに決めました。

 

資金援助は結婚生活の初めだけ

 

私たちの結婚生活は節約生活

私たちの結婚生活は節約生活

私たち夫婦が結婚生活を二人でスタートさせるとき、父が50万円の資金援助をしてくれました。

 

正直な話をすれば私はお金の援助を受ける気はありませんでしたし、私の貯金を使えば家電量販店の安い家電などですべて揃えられましたし、実際に掛かった費用をみても可能だったと言えます。

 

もちろん父からの援助を受けなかったとしたら、貯金はゼロになっていました。

 

しかし、お金がないと言っても旦那さまは今の時代にしたら充分な給料を貰っていて、独身だったからこそ外食などが多くて無駄な出費が多かったために貯金がなかっただけであり、私がお金の管理すれば生活していくお金の他に貯金もできる自信がありましたから、もし貯金がゼロになっていたとしても不安はありませんでした。

 

最初は私も父からの資金援助を「必要ない」と断っていたのですが、旦那さまが「親心だから」と言うので受け取ることにしました。

 

旦那さまは父を早くに亡くしていて母も私と出会う2年ほどまえに病気で亡くしているために、私の父を本当の父親のように思ってくれているので、父の気持ちを無下にしたくないと思ってくれたようです。

 

しかし、父から50万円の援助は受け取りましたが二人で話し合って“、受け取ったお金はいつか、どんな形でも返す”ことに決めました。

 

私の父も高齢ですしので、この先なにがあるかわかりません。

 

私の家族になにかあったとき、すぐに援助ができるようにしておこうと受け取った50万円は一度は使わせてもらいましたが、同じ額が貯まったら定期貯金にして私の両親のために使うと決めました。

 

結婚生活=節約生活

 

父からの結婚資金の援助はあったものの、私たち夫婦自身の貯金はゼロに近い状態で新婚生活をスタートしましたので、生活自体は節約生活です。

 

例え自分の実家にお金の余裕があったとしても、それは私たち夫婦のお金ではなく言うなれば“他人の金”です。

 

結婚したのだから、生活もお金の面でも別の家庭として考えることは当たり前だと思っています。

 

もちろん家族ですので、“困ったことがあれば”助け合うことは当たり前だと思っていますが、“なにもない”のであれば完全に別の家庭です。

 

つまり、私たち夫婦はお金がないのです。

 

家で使用するもので100円均一ショップで売っているものであれば100円均一で買いますし、急に必要なものではない限り、100円均一の割引デーの日に税込み100円で買えるときに利用します。

 

スーパーのポイント2倍の日や5%オフなどのセール日もチェックしていますし、節約できるところは節約しています。

 

前のページ 次のページ

お金がない状態の結婚だから贅沢をせず節約するのは当然 関連ページ

貯金も殆どなく生活費用のお金がない状態で結婚した新生活
私たち夫婦は籍を入れたばかりの新婚ですが、私も旦那も独身時代は自分の生活に精いっぱいで貯金が殆どできていない状態でした。貯金ゼロの状態から新婚生活をスタートさせましたが、困ることもなく幸せに生活しています。
父が私の結婚を考え作っておいてくれたお金を生活の費用に
私の実家は土木関係の自営業で他にも農業なども営んでおり、幼い頃は裕福な家庭でした。土木業界が衰退してから昔ほど裕福ではなくなりましたが父は裕福だった頃に私の結婚費用として100万円を定期貯金にしてくれていました。
結婚し新生活に必要なお金を節約して費用を最低限に抑えた
私たち夫婦が2人で暮し始めるために必ず必要なものは冷蔵庫や洗濯機などの家電です。学生が1人暮らしを始めることが多い3月から準備を始めましたので家電量販店の“新生活応援キャンペーン”を利用し安く揃えました。
結婚したばかりの新婚夫婦だからこそ中古住宅で費用節約
私たち夫婦には贅沢をするほどのお金はありません。そのため2人で住む家もできる限り家賃の安い家を探して築47年の古い一軒家を借りました。他人からなんと思われようと無理をして身の丈に合わない高い家賃を払う必要はありません。
実家の家具を極力利用してお金のない新婚生活費用を節約
私たち夫婦は新婚生活を始めるにあたって使用できるお金が少なかったために、お互いの実家にある家具などで使えるものを新居でも使用しています。新しいものを買う金銭的な余裕もありませんし使用していて困ることもありません。
結婚の費用を節約した築47年一軒家の素晴らしい居心地
私たち夫婦はお金がなかったことと節約してお金を貯めるという目的で築47年、家賃3万5千円の一軒家を借りて住んでいますが、田舎暮らしが長かったこともあってか大変居心地がよくリラックスして快適に暮らしています。
費用をかけない結婚生活でも工夫次第で快適な節約生活
私たち夫婦は節約生活をして将来のために貯金しようと話し合って決めました。しかし、自分たちの息が詰まってしまうような生活をしているわけではなく知恵を出しながら工夫をして節約生活して楽しんで生活しています。
2人きりの結婚生活での節約は子どもができたときのため
私たち夫婦にはまだ子どもがいませんが、いずれは自分たちの子どもを授かりたいと思っています。しかし、妊娠出産にはお金がかかりますし育てていくことにもお金が掛かりますので子どもが生まれたときのための費用として貯金しています。
結婚して子供を育てることに“お金がない”を言い訳したくない
子どもを育てることには多くのお金がかかります。生まれてくる子どもが何かに興味を持って“これがやりたい”と言ったとき“うちにはお金がないから無理”などと子どもの可能性を潰してしまうようなとは絶対にしたくありません。

facebook はてなブックマーク

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
結婚費用節約のまとめ お勧めのサービス 式場費用節約術 婚姻全体費用節約術 自分で出来る節約術

マネーネット powered by TrendLead