結婚式費用節約 - 子供を育てることに“お金がない”を言い訳したくない

結婚して子供を育てることに“お金がない”を言い訳したくない

子どもを育てることには多くのお金がかかります。生まれてくる子どもが何かに興味を持って“これがやりたい”と言ったとき“うちにはお金がないから無理”などと子どもの可能性を潰してしまうようなとは絶対にしたくありません。

“お金がない”を言い訳にして子どもの興味や可能性は潰さない

子どもを生み育てるには、お金がかかります。

 

私たち夫婦は自分たちの子どもを授かりたいと思っていますし、たくましい子に育てたいと思っています。

 

子どもは可能性の塊

 

お金で子どもの将来が制限されないように

お金で子どもの将来が
制限されないように

私は子どもが好きで、ボーイスカウトの活動にも関わらせていただいた時期がありました。

 

ボーイスカウトに参加している子どもたちを見ていて思ったことは、“子どもはなんにでも興味を持つ”という好奇心の塊だということです。

 

子どものときに様々な体験をすることは、大人になったときに本当の意味で役に立ちます。

 

人と関わることが少なくなっている現代では、幼い頃のコミュニケーションが“たくましい人間”になるために必要なことです。

 

もし、自分の子どもが「これがやりたい!」と言ってきたときに、“お金がないから”と言う理由で好奇心の芽を潰すことはしたくありませんし、絶対にしてはいけないとだと思っています。

 

子どもが“やってみたい”と思ったこと自体にお金がかからないものだったとしても、小さい子どもですので親が付き添わなければいけませんし、仕事があるからと代わりの付き添いを頼んだりしたら子どもは親に不信感を抱きます。

 

幼い頃に抱いた親への不信感は潜在意識として残り、大人になってからのコミュニケーション能力に影響します。

 

子どもの好奇心からの“冒険”に楽しんで付き合うことも、子育てでは大事なことです。

 

子どもの“冒険”に付き合うためには、親である私たちにも気持ちの余裕と金銭的余裕がなければなりませんので、そのためにも妊娠していない今から貯金をして子育て中に“心のゆとり”を持てるようにしたいのです。

 

私たち夫婦は、自分の子どもを本当の意味での“たくましさ”を携えて成長してほしいと思っています。

 

高校や大学への進学

 

まだ妊娠もしていないのに高校や大学進学のことを考えることはおかしいかもしれませんが、私は大事なことだと思っています。

 

私自身、高校進学するとき「商業の勉強をしたい!」と中学1年生のときからキッパリと学校にも親にも伝えていました。

 

高校受験のときの志望校は公立、私立ともに商業科でしたが、この2つは天と地ほどの偏差値の違いがありましたが、私は“商業を学びたい”という気持ちに変わりはありませんでしたので押し通しました。

 

私は“商業”を学びたいと意志を固めて突き進んで、現在も商業科で学んだ知識を生かして仕事をしています。

 

私は商業の勉強をしたかったのですが私の子どもが、なにを勉強したいと言い出すかは誰にもわかりません。

 

法律や美術などのお金のかかることを勉強したいと言い出すかもしれませんし、逆に働きながら専門学校や独学で学ぶことを選ぶかもしれません。

 

私自身、自分がやりたいと思うことをして自由に突き進んできた人間です。

 

自分がしたいことをした結果として実家の仕事にも携わらせてもらい、そこから自分の進むべき道を見つけることができました。

 

自分の道を見つけることができたのも両親に経済的余裕があり、私に好きなことをさせてくれたからだと思っています。

 

だからこそ、自分の子どもが結果として自分の進むべき道を見つけられるように、サポートできる金銭的余裕を持っていたいのです。

 

そのために今からでも子どものために貯蓄をすることは無意味ではないと思っています。

 

前のページ 次のページ

結婚して子供を育てることに“お金がない”を言い訳したくない 関連ページ

貯金も殆どなく生活費用のお金がない状態で結婚した新生活
私たち夫婦は籍を入れたばかりの新婚ですが、私も旦那も独身時代は自分の生活に精いっぱいで貯金が殆どできていない状態でした。貯金ゼロの状態から新婚生活をスタートさせましたが、困ることもなく幸せに生活しています。
父が私の結婚を考え作っておいてくれたお金を生活の費用に
私の実家は土木関係の自営業で他にも農業なども営んでおり、幼い頃は裕福な家庭でした。土木業界が衰退してから昔ほど裕福ではなくなりましたが父は裕福だった頃に私の結婚費用として100万円を定期貯金にしてくれていました。
結婚し新生活に必要なお金を節約して費用を最低限に抑えた
私たち夫婦が2人で暮し始めるために必ず必要なものは冷蔵庫や洗濯機などの家電です。学生が1人暮らしを始めることが多い3月から準備を始めましたので家電量販店の“新生活応援キャンペーン”を利用し安く揃えました。
結婚したばかりの新婚夫婦だからこそ中古住宅で費用節約
私たち夫婦には贅沢をするほどのお金はありません。そのため2人で住む家もできる限り家賃の安い家を探して築47年の古い一軒家を借りました。他人からなんと思われようと無理をして身の丈に合わない高い家賃を払う必要はありません。
実家の家具を極力利用してお金のない新婚生活費用を節約
私たち夫婦は新婚生活を始めるにあたって使用できるお金が少なかったために、お互いの実家にある家具などで使えるものを新居でも使用しています。新しいものを買う金銭的な余裕もありませんし使用していて困ることもありません。
お金がない状態の結婚だから贅沢をせず節約するのは当然
私たち夫婦はお金がない状態で新婚生活をスタートさせました。私の実家は自営業で他の家庭よりは裕福ですので金銭的援助を頼むことはできますが、夫婦の意見は一致していて“自分たちの力で生活していく”というものでした。
結婚の費用を節約した築47年一軒家の素晴らしい居心地
私たち夫婦はお金がなかったことと節約してお金を貯めるという目的で築47年、家賃3万5千円の一軒家を借りて住んでいますが、田舎暮らしが長かったこともあってか大変居心地がよくリラックスして快適に暮らしています。
費用をかけない結婚生活でも工夫次第で快適な節約生活
私たち夫婦は節約生活をして将来のために貯金しようと話し合って決めました。しかし、自分たちの息が詰まってしまうような生活をしているわけではなく知恵を出しながら工夫をして節約生活して楽しんで生活しています。
2人きりの結婚生活での節約は子どもができたときのため
私たち夫婦にはまだ子どもがいませんが、いずれは自分たちの子どもを授かりたいと思っています。しかし、妊娠出産にはお金がかかりますし育てていくことにもお金が掛かりますので子どもが生まれたときのための費用として貯金しています。

facebook はてなブックマーク

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
結婚費用節約のまとめ お勧めのサービス 式場費用節約術 婚姻全体費用節約術 自分で出来る節約術

マネーネット powered by TrendLead