単に衣装を着せてもらうだけの支度料は新郎も新婦も省けば費用節約に

新郎新婦が自分たちで出来る結婚式の費用節約の一つに、衣装をできるだけ自分で着る…というのがあります。

 

 

衣装は自分で工夫できるところは工夫し見積書の「支度料」をチェックしよう!

結婚式には花嫁をサポートするための、ありとあらゆるサービスがありますが、できることは自分でやれば費用節約につながり挙式費用をコストダウンできます。

 

お姫様気分を味わいたいのであれば、高いお金を支払ってでもプロから色々とサービスしていただくのが良いと思いますが、そうでないならば、自分でできることは自分でやって結婚式の費用を節約しましょう。

 

ウェディングドレスとフォーマルなスーツの支度を頼まない

衣装を工夫し費用節約

衣装を工夫し費用節約

では自分でできる衣装における節約のポイントは、ウェディングドレスの支度を頼まないとうのが第一のポイントです。

 

見積りの中に「新婦支度料」の項目があったならば削除してもらいましょう。

 

ドレスアップはヘアメイクの方が手伝ってくれますので、心配はありません。

 

ただ単純にドレスを着せてもらうだけで、何万円もとられるのは馬鹿馬鹿しいですよ。

 

また「新郎の支度料」に関しても、5000円等と料金が加算されていたりするので、それはお断りして節約しましょう。

 

いくらフォーマルなスーツとはいえ、いつも着用しているスーツと、それほど変わるというものではありません。

 

それよりも大切なのは、色々な式場で色々なドレスを着て、どれが最も自分に似合うかを二人でチェックすることです。

 

ブライダルフェアの試着会を活用しましょう!

こちらの「お勧めの結婚式費用節約サービス」でご紹介しているサービスでは、ブライダルフェアを開催しています。

 

ブライダルフェアでは、ウェディングドレスやタキシード、さらには和装の結婚式の衣装が試着できる「試着会」もあります。

 

自分自身で衣装を着る自信がない人はもちろん、自信があっても前もって衣装を着る経験をしておけば、安心です。

 

結婚式サービスのブライダルフェアの試着会で結婚式衣装を実際に着て、経験を積んでおきましょう。

 

一生に一度のことです、ブライダルフェアをドンドン活用しましょう!

 

お色なおしでも工夫して支度料をチェックし費用削減を!

また、お色なおしの時でも工夫することで費用が節約できます。

 

ウェディングドレスでも、2WAYのものなどがあります。

 

ストールなどのアレンジを加えることで、ぜんぜん違った雰囲気になるものもありますし、和装で白無垢を着用した場合は、打ち掛けをかえるだけで、がらりと雰囲気がかわるので利用しない手はありません。

 

打ち掛けを変えて、洋髪にしただけで立派なお色直しとなります。

 

この場合も自分で打ち掛けを交換するだけなので、支度料をとられないように調整しましょう。

 

和装の支度料は2万円と高価であったりするので、よくよく注意して、加算されない様にしましょう。

 

また結婚式場との事前の打ち合わせが必要ですが、衣装を全て外部からのレンタルにしてしまうというのも大きく結婚式の費用を節約できます。

 

ただし、持ち込み料金は必要になります。

 

また、2次会などのドレスだけはレンタルという手もありますので、こちら「DMMいろいろレンタル ドレス・旅行用品をレンタルで費用を節約」でご紹介していますサービスをチェックしてみて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ