結婚指輪は重視するのをダイヤモンドかデザインかを最初に決める

こちらの「手作りの結婚指輪:費用節約し思い出にもなるオリジナルを」で手作り指輪をお勧めしていますが、指輪は全ての女性の憧れで大切なアイテムです。

 

特に結婚を申し込まれる時に用意されているエンゲージリングには、特別の憧れを抱いている女性も少なくはないのではないでしょうか。

 

しかし、指輪を贈る側の男性にとっては、プレッシャー以外の何モノでもないようです。

 

まず何を購入したら良いのか分からないという悩みにはじまって、ジュエリーショップに立ち寄ることさえ恥ずかしいという男性も少なくはなくて、新郎にとっては、なかなかにハードルが高いもののひとつになることでしょう。

 

 

先ず大きさかデザインか

エンゲージリングは品質と気持ちで

エンゲージリングは
品質と気持ちで

では失敗しない指輪の選びかたなんてあるのでしょうか。

 

まず考えてほしいのは、

  • ダイヤモンドの大きさを重視するのか
  • デザインを重視するのか

の2点を最初に決めて下さい。

 

両方ランクが高いことにこしたことはないのですが、そうすると金額もぐっと高くなり、結婚費用の節約とはなりません。

 

欲しいエンゲージリングの方向性を明確にします。

 

デザインが重視ならダイヤモンドのランクを下げても問題はないでしょう。

 

ブランドに拘るならデパートのブライダル会員になる

また女性が大好きなブランドですが、ブランド品は高価なので、指輪のようなものは指にはめてしまえば、ブランドかどうかを判断するのが難しいので、よっぽど女性にお気に入りのブランドがないかぎりは、こだわる必要はないかもしれません。

 

それでも、どうしてもブランド品が欲しい場合はデパートのブライダル会員になることをお勧めします。

 

5~10パーセントの割引になることがあり節約になります。

 

ブランドに拘らず品質と気持ちでエンゲージリングを選ぼう!

もしブランドをはずしてよいのなら、ブランドにこだわらないならば、そのほうが質の高いダイヤをより安く手に入れることができます。

 

ダイヤモンドは鑑定された4Cが同じならば、そのダイヤの価値はブランドでもそうでなくても、同じということを忘れないように!

 

品質がブランドに劣る事なんてありません。

 

女性の永遠の憧れであるだけに、奮発のしがいがある指輪ですが、つぎ込むお金も、また同時に節約はほどほどにということも大切です。

 

高価なダイヤモンドであればイザというときに役に立つ!?

ダイヤモンドは宝石の王様、なので新郎新婦の結婚生活で万が一、お金に困ったときでも高く売れるので、少し無理をしてでも高いダイヤモンドを買っておこう…

 

時々、そういう考えのカップルがいますが、いくらダイヤモンドでも、思っているほどに高くは売れません。

 

おおよその金額ですが、宝石商は仕入れた宝石の原価の10倍の値段で、その宝石を売るとされています。

 

10万円の宝石であれば、仕入れ原価は1万円です。

 

購入したダイヤモンドが幾らで売れるかは、台座の材質、買い取る相手、オークションに出すなどで違ってきますが、しかし相場というものはあります。

 

一般的な買取価格は、購入金額の5~8%、人気ブランドでオークションで高く売れても20%ほどが上限と言われています。

 

つまり人気ブランドの100万円のダイヤモンドでも、売却する際は最も高く売れても20万円です。

 

幾ら高い宝石を奮発しても、まさかの時のためにはならないことは覚えておいてください。

 

婚約・結婚指輪の費用節約情報

ゼクシィ ブライダルリング
指輪選び予約で時間とスペースを確保、ブランドの特徴やダイヤモンド品質の説明、試着で合ったデザインが選べて、予算の相談、ギフト券なども。

 

マイナビウエディング・ジュエリー
ジュエリーショップに来店予約、来店、クチコミ投稿、購入などで、 最大で10万円分のギフト券がもらえるキャンペーンを開催中。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ