手作りのオリジナルなブーケを結婚式場に持ち込めば満足と節約の両得

花嫁というくらいですから、ブーケは花嫁にとっは必需品なのではないでしょうか。

 

ですが結婚式場でのブーケの値段は1個4万円から10万円もする高価なものなので、ブーケの金額が花嫁衣装の料金に組み込まれているのかどうかを、まず確認しておきましょう。

 

他にも、フラワーアクセサリーなどにかかる費用も事前に確認しましょう。

 

 

持ち込みが可能なら自作ブーケを

季節の花を利用したブーケを

季節の花を
利用したブーケを

もし、ブーケやフラワーアクセサリーの料金が別途ということでしたら、結婚式場に持ち込みが可能かどうかを聞いておきましょう。

 

持ち込みが可能である場合は、自作して費用を節約するという方法があります。

 

以前私が担当したお客様で、素敵なブーケを持ってみえた花嫁さんがいて、それはいくらぐらいでしたか?と聞いたところ、自分で買ってきた造花をアレンジして作ったということでした。

 

そのブーケは本当に素敵な出来栄えで、何万円であっても欲しくなるような見事なブーケでした。

 

その花嫁さんは、フラワーアレンジメントをならっていて、造花であっても同じことなので、ステキな造花があるたびに買いためておき、自分のウェディングドレスに似合ったブーケを制作したそうです。

 

このブーケとお揃いの花の髪飾りも用意されていて、私たちプロの目から見ても、とってもステキでお似合いでした。

 

手作りのブーケでもっとオシャレに!季節の花を利用してみるのも◎!

最近の造花は生花と遜色がないので、造花だと言われないとわかりませんでした。

 

また造花のいい所は、永遠にブーケとして存在し続けることです。

 

枯れてなくなることないので部屋に飾っておけます。

 

造花に抵抗のある方は、プリザーブドフラワーでも良いですね。

 

他に、外部の花やさんを使うという節約方法もあります。

 

外部の業者さんの方が、安くてサービスが良いなんてことはザラです。

 

もし外部の花やさんを使うのであれば、

  • 花の持込料が必要かどうか
  • 結婚式会場への花の搬入方法
  • 結婚式当日までの花の保管方法

などを事前に式場へ確認しておきましょう。

 

持ち込みができない場合は、季節の花を利用することによって、花材を格安で仕入れることができるので、安く仕上げ節約することが可能です。

 

もしも、住んでみえる地域に、ブライダルフラワーに対応してくれる花屋さん、フラワーショップがない場合は、以下のサービスをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ