高価な写真の焼き増しは原本と遜色ない品質のネット注文で費用節約

結婚式での集合写真は、親族用の写真を焼き増しした場合、1枚につきだいたい5,000円から10,000円もしてしまうんです。

 

ものすごく高いですよね。ちょっと高すぎです。

 

こういった事が結婚式会場側の儲けとなっていくんですが、儲けられた方はたまりませんよね。

 

 

非常に費用がかかる写真代金

写真の焼き増しはネット注文で外部業者に

写真の焼き増しは
ネット注文で外部業者に

集合写真だけを親族に配るならまだなんとか…と思う方もいるかもしれませんが、二人の写真まで配ろうとしたら一体いくらかかるか、ご存じですか?

 

写真にかかる費用はこれだけではなくて、カメラマンを頼む費用に50,000円から100,000円。

 

アルバム制作費に20,000円から100,000円。

 

焼き増し代に数万円。

 

他、近年流行している「前撮り」に数万円かかったりして、計200,000円近くの費用がかかってしまうこともあります。

 

もちろん結婚式は一生に一度の記念ですが、だからといって節約もせず思う存分お金をかけてもいいというわけではありません。

 

結婚式の写真に関しても、新郎新婦が自分たち二人の考えで節約できる項目です。

 

最も高い集合写真は配る相手の範囲を事前に決めておく

結婚式の写真で最も費用が高いのが集合写真です。

 

時には友人も含まれますが、基本的には両家の親族が集まり全員を一緒に撮影する写真で、写真に写った人に配らないとなりません。

 

集合写真の焼き増し料金は非常に高額ですが、しかし集合して写ってもらえば、その方々に配らないわけにはいかなくなります。

 

集合写真の費用を節約したいならば、焼き増しする写真の数を減らすことで、そのためには集合してもらう、写ってもらう人を限定すれば良いのです。

 

事前に両家でよく話し合い、どの範囲の親族まで集まってもらうかを決めておきましょう。

 

その人数が少なければ少ないほど、集合写真の費用は節約できます。

 

いっそ新郎新婦とその両親と兄弟姉妹だけ、というのも1つの手です。

 

それはそれで1つの考え方、ポリシーということで、ゲストの方々からも認めてもらえます。

 

参考としてお伝えしますが、遠い親戚縁者の人などでは、「台紙に付いた立派な集合写真を貰っても保管に困る…」という方もみえますので…

 

お気に入りの写真はせいぜい数枚

さらに写真の費用に関して考えて頂きたいのは、果たしてそれほどの写真が必要かどうか、ということ。

 

結局は自分の気に入った写真が数点または数十点あれば満足できるのが写真というものです。

 

気に入った写真以外は、それほど見たくないという方も多いので節約して、あまりお金をかけすぎないようにしましょう。

 

話は最初に戻りますが、もし写真の焼き増しをして親族に配りたい場合は、最初についてくる新郎新婦用の写真を式場ではなくて、外部業者に注文して焼き増しするという方法があります。

 

その一つがネットから注文する方法です。

 

写真の焼き増しはネット注文で外部業者に依頼しよう!

ネットで注文を入れてから、結婚式の集合写真を送るのですが、一週間前後で、新しい集合写真と一緒に返送されてきます。

 

オリジナルのデーターやフィルムのネガから焼き増しするのではないので、クオリティーが心配という方がいますが、原本と全く遜色ないものが仕上がってきますので心配無用です。

 

スター(微粒面)加工して、立派な台紙をつけても1,000円前後で完成しますので、節約につながります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ