色々な費用節約となる挙式だけの結婚式は事前に両家で良く話し合いを

結婚式でも、披露宴は行わない、挙式だけの結婚式を挙げる、そんなカップルが増えています。

 

挙式だけの結婚式にも、様々なメリットがあります。

 

 

披露宴はやらずに挙式だけにして色々タダで済ませよう!

挙式だけで披露宴をしないと色々タダで済む

挙式だけで披露宴をしないと
色々タダで済む

まず第一に披露宴がありませんから、結婚式場を選ぶ時に披露宴会場を見る必要がなくなりますので、話がだいぶ簡単になります。

 

もちろん、その分、事前の打ち合わせの時間が短縮されますよね。

 

第二に披露宴がありませんから、披露宴にかかる花代や食事の費用が一切いりません。

 

他に披露宴を行うと必要となる会場使用料、司会者の費用、キャンドル費用、ケーキの費用、音響使用料などなどが必要ですが、披露宴なしならば全て節約ができます。

 

こうすることで、結果的に格安な結婚式を挙げることができるというわけです。

 

海外での挙式は魅力的な結婚式

浮いたお金で、新居の費用にあてられますし、ハネムーンを豪華にすることもできます。

 

結婚式で披露宴を行わないカップルの中には、披露宴と新婚旅行を同時に行って、海外で結婚式を挙げるカップルもいます。

 

二人だけという方もおりますし、両親だけを招待することもあります。

 

海外で結婚式を挙式だけですませたカップルに話を聞くと、気楽でとっても素敵な夢の様な時間だったと答える方も多く、海外挙式は魅力的な結婚式の一つです。

 

挙式だけの結婚式のデメリット

では、挙式だけの結婚式でのデメリットには何があるでしょうか。

 

挙式のみの結婚式は費用が節約出来るけれど、ご祝儀をもらえないというデメリットもあります。

 

しかし高額な披露宴の費用と比べれば、多くの場合、ご祝儀なしでも披露宴をしないほうが費用面でメリットとなるでしょう。

 

他には、挙式だけの結婚式を挙げようとすると、ご両親の反対にあいやすいということもあります。

 

ご両親の中には古風な考え方をする方も多くみえますし、また結婚というお目出たいイベントを大いに楽しみにしている方もみえますので、披露宴をなしにするかどうか、じっくりとお互い納得がいくまで話し合いをしましょう。

 

披露宴をしない場合のデメリット回避はとにかく相談すること

今まで育ててきた子どもが結婚式に費用をかけたくないので披露宴をしない、と言ったら、その親御さんはどう感じるでしょう?

 

合理的な考えの持ち主であれば賛成をしてくれる、新郎新婦の好きなようにしなさいと言ってくれるでしょうが、その逆の方もみえます。

 

披露宴の演出の1つを止める止めないというレベルの話とは全く違う、少し大袈裟な表現かもしれませんが、ご両親を含めて生涯で記憶に残る事柄です。

 

新郎新婦だけで披露宴をしないと決めてしまう場合のデメリットを回避するには、ご両親に相談することは必須です。

 

以下の関連した記事にも目を通しておいて下さい。

 

結婚式だけではなく新生活を含めてお金を考える

 

結婚式に対する考えを統一するのが新郎新婦の最初の共同作業

 

披露宴をしないかどうかは、ご両親の気持ちなども考えたうえで最終的にはお二人で決断すればいいことですが、楽だからという理由で挙式だけの結婚式を挙げたカップルは、かなりの確率で後悔しているという話も聞かれるので、面倒だから挙式だけという考え方は止めた方がいいようです。

 

挙式だけにする場合は、費用節約だけにとらわれず、きちんと納得のいくように二人でしっかりと考えて両家で良く話し合うようにしてくださいね。

 

また近年では、披露宴の代わりにパーティーなどを催すケースも増えてきていますし、それも選択肢の1つですが、その際に注意をすべきことを次ページでご紹介します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ