結婚式の席次表に一工夫するだけで気の利いた印象に残る演出となる

結婚式でかなり頭を悩ますのが、席次表です。

 

同じテーブルを全く知らないもの同士が囲むことも多く、とっても気を使います。

 

しかし基本的な形は決まっています。

 

 

席次表の基本と配慮

席次表にも演出と一工夫を

席次表にも
演出と一工夫を

新郎新婦に最も近い席の上座を、主賓の席にします。

 

主賓の次が上司、恩師、先輩、友人、親族、両親という順番になります。

 

また出来ることならば、同世代の人を近くの席にすると、会話の話題に共通点が持てて、ゲストが自然とリラックスしてくれるでしょう。

 

小さいお子さんを連れたゲストには、出入り口近くの席を用意するようにしましょう。

 

とかく小さい子供は式の長い時間をじっとしていることが出来ずに、ぐずりだしたり、走り回ったりしてしまうので、お母さんやお父さんは席をはずして、会場の外にいる時間が増えます。

 

またオムツを交換したりもしなければならないし、赤ちゃんによってはベビーベッドが必要だったりするので、出入り口付近が便利でしょう。

 

他にはお年寄りも出入り口が近い方がいいかもしれません。

 

それから最初から遅刻することが前もって分かっているゲストには、なるべく目立たない席を用意しましょう。

 

席次表でできる気の利いた演出には何がある?

席次表は受付で配るものですが、受付から結婚式が始まるまでの時間の退屈しのぎとして、席次表にプラスして二人の出会い等を記入した内容にすると、間がもつ上に、何となく二人に親しみがわくのでお勧めしたい演出です。

 

よくあるパターンが二人の子供の頃の写真を載せたり、お互いの第一印象を書いてあったりする演出です。

 

それらはゲストの中でも話題になりやすいですし、結婚式を待つ時間を二人の生い立ちや、出会いのエピソードに目を通すのは、ワクワク感がつのりますし、式をさらに感動的にするのにも役立ちます。

 

席次表にもぜひ一工夫を加えてみてはいかがでしょうか。

 

費用をかけない、でも効果的な節約演出の席次表、気の利いた演出となること間違いなしです。

 

あまり多く注文を付けると追加費用となる場合も

席次表は、ゲストの氏名、新郎新婦との関係、仕事や肩書が定型文のように書かれ、上記のような新郎新婦の馴れ初めなどをサービスで印刷してくれる式場もありますが、アレコレ追加の記載をお願いし過ぎると、追加費用となってしまう場合もあります。

 

もしも、もっと色々なメッセージをゲストに渡したい、しかし追加費用となる場合は、自分たちでメッセージを書いた紙を印刷し席次表に挟むようにしてみて下さい。

 

もしくは「テーブル装花の費用をケチると式全体が貧相なイメージに」でお伝えしているように、席次表とは別にゲスト全員に個別の席カードを用意し、そこに二人のメッセージを書いておくのもお勧めです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ