おいしい食事とお色直しの演出に花が咲いた親友のホテル結婚式

感動した挙式の友人

感動した
挙式の友人

学生時代の親友が、めでたく結婚することになったのは、新緑香る5月のことでした。

 

授かり婚ということもあり、私たち出席者たちも、とても幸せな気持ちでお祝いしたものです。

 

彼女のとびきり輝く笑顔を見て、日々オヤジ系女子になりつつある私も素直に「結婚っていいなあ…」と思ったのでした。

 

 

式場は誰もが耳にしたことのある「あのホテル」

場所は、全国的にも有名な某ホテル。

 

結婚式場も併設された教会で挙げ、披露宴はホテルで行いました。

 

出席者は100人ほど。

 

新郎の役職柄、会社関係の方が多く出席していました。

 

後日、「費用は300万円ほどだった」と、親友が教えてくれました。

 

「挙式費用は旦那がほとんど出してくれたし…節約っぽいこともなかったかな。

 

あ、でもタバコはやめた(笑)生まれるチビのためにね!」

 

彼女は、すっかり母親の顔で嬉しそうに言いましたっけ。

 

おいしい食事&お色直しの演出に花が咲く

感動の涙の結婚式

感動の涙の結婚式

私に比べて、少し女性っぽいところがないと思われている彼女ですが、実は、とても細やかな神経の持ち主で、いろいろなことに気が回る女性なんです。

 

彼女は食事のアイデアとして、親戚や祖父母のことを考えて「和食懐石」にしました。

 

郷土の特産品を使った料理が出てきたのには、土地を愛する繊細な彼女らしいな、と思いました。

 

また私の場合、新幹線のチケットにカフェのケーキセット券も同封されていて、その心配りに感心しました。

 

決して派手でも何でもない、もしかしたら気が付いてもらえないような心配りですが、それらは全て新郎新婦の配慮ある演出のひとつなんだな…と、ありがたく思いました。

 

結婚式の演出と言えば、お色直しのドレスの他に彼女の大好きな着物が2回あり、桜が舞う錦の打ち掛けを身にまとって、お母様に感謝の手紙を読む姿は美しく、こちらももらい泣きしてしまいました。

 

着物の演出は年配のかたに、とても好評だったそうです。

 

きっと、自分を育ててくれた母親が喜ぶだろうと思い、恩返しのつもりで着物でのお色直しをしたのだと思います。

 

彼女らしい選択です。

 

当サイト管理人のコメント

当サイト管理人のコメント

結婚式には、さまざまな年齢層の方々が参加されます。

 

こちらの「高齢な私の両親を常に労わってくれた結婚式場スタッフに感謝。」でもご紹介していますが、特に年配の方々に配慮された挙式、お二人のアレンジメントには高い評価が与えられるものです。

 

そんなお二人には、我々ブライダルスタッフも精一杯の協力をさせて頂きます。

 

ご一緒に素晴らしい結婚式を創り上げましょう!

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 
TOPへ